ホームメイド ベーグル:ポーランドのブランチ

may-lawrence-chuT-O00-XY-unsplash

ベーグルは、ポーランドのユダヤ人コミュニティに由来するパンレシピです。今日、それは北米で人気のある料理で、多くのレシピがあります。多くは甘いベーグルとして作られ、ほとんどの場合、野菜やチーズが詰められています。簡単なランチでも、仕事に行くときでも、友達とのブランチでも、穴の開いた最も有名なサンドイッチの作り方を学びましょう。

材料

水 205g
小麦粉 350g
塩 6g
ドライイースト 4g
モルト(麦芽) 10g
ゴマ

準備

まず、生地を準備するために、小麦粉をボウルにふるいにかける必要があります。次に、ドライイーストを加え、最後にモルトを加えます。

それぞれをボウルに入れたら水を注ぎ、手でこね始めます。ある程度混ざったら塩を加え、なめらかな生地になるまでこねます。

発酵

ボウルでこねた生地をペストリーボードに移し、さらに約5〜6分間こねます。大きなボウルに入れ、乾燥させないようラップで覆い、28〜30℃で約4時間発行させます。

生地の体積が3倍になったら、ペストリーボードに戻し、手でパンの形を作ります。

ベーグル型を作る

各90グラムの分量になるよう、生地を6等分します。手のひらを使って各ピースをボール状に丸め、6等分した生地を全て形成します。次に、キッチンタオルで丸めた生地を覆い、約10分間休ませます。

休ませた生地の中心に指を入れ、少しづつ外側に広げます。ドーナツの様に形ができあがったら、ベーグルをクッキングシートを引いたトレイの上に置き、体積が2倍になるまで、28〜30°の温度でさらに40〜50分間二次発酵させます。

その間、水を入れた鍋を火にかけておき、沸騰させます。

調理

調理のコツ:各ベーグルを置いたクッキングシートの周りを正方形に切り取ります。こうすることで、ベーグルを持ち上げて、沸騰したお湯に一度に1つずつ浸すのが簡単になります。クッキングシートは自然に剥がれるので、キッチントングで取り除くだけで大丈夫です。

ベーグルを片面約20秒茹でます。茹で上がったら水切りのできるバット、平皿などに上げておきます。

表面をごまで覆い、予熱した静的オーブンで220℃で30分焼きます。表面が黄金色になったら、オーブンから取り出して、冷ましてからお召し上がりください。

Interesting Articles

トゥールーズ: 2日間の滞在での楽しみ方

トゥールーズは、歴史深いレンガの建物が多数軒を連ねるピンクシティとしても知られている街で、一度その地を訪れると可愛らしい景色に心を奪われることでしょう。また、この街にはたくさんの魅力が詰まっているため

ツーソンのおすすめ観光スポット紹介

ツーソンはアリゾナ州南部にあり、メキシコ国境からそれほど遠くない場所にあります。 一日で中心部を見て回る事ができる小さな街です。 夜にのんびり過ごしたり、トレッキングをしたりするのに理想的な街です。

イタリアのフィンランドを発見マルチェジーナ

北イタリアに、素晴らしい景色ととてつもない寒さの両方を、フィンランドと比較される場所がある事を知っている人はほとんどいません。そこはマルチェジーナというたくさんの歴史や伝説がある平地です。アジアーゴ高

Salmon Weir Bridge and Galway Cathedral

アイルランドの港都市ゴールウェイの楽しみ方

歴史、魅力や文化がゴールウェイには確かにあります。中世時代の中でも都会であったこの場所は、アイルランド(Ireland)の西海岸にある港町で、 いくつもの呼び名がある場所でもあります。主に、アイルラン

トリエステでのセイリング体験

クロアチアや、スロベニアで夏を過ごす人たちにとって、通り過ぎるだけの街であるとしばしば思われているトリエステは、数時間の滞在以上の価値があります。ここは文化の中心地とも考えられており、長い間、世界中の

ナンシーの街を散策しよう

フランスのこの地域を訪れる観光客はほとんどいませんが、彼らは、世界で最も印象的な広場の1つであるナンシーの宝石を見逃していることに気づいていません。 スタニスラス広場は、18世紀にロレーヌ公スタニスワ

クスコで見てほしい5つの場所

クスコは、旅行中に観光だけではなく冒険もしてみたいという人にとってぴったりの街です。アンデス山脈に隠れたこの街は、植民地時代以前から続く民族がインカの遺跡周辺で生活しており、ひとたび歩くと素晴らしい景

カリーニングラード: ヨーロッパ、ロシアへの旅

無愛想で暗く、孤立し忘れられがちな街、カリーニングラード。旅をするにあたり人は、足を運ぶ場所とそうでない場所を決定しています。それは偏見の詰まったインターネットでの口コミや写真が理由となることが多く、

初めてロシアを旅行するためのヒント

ロシアへの旅行は良いアイデアであり、多くの旅行者にとって大きな夢でもあります。ロシアへの個人旅行を計画することは、初めての場合、簡単ではありません。では、不安なくスムーズに世界最大の国への旅行を十分に

ロンドン、カムデンタウンの楽しみ方

カムデンはロンドンの中でも有名な地域で、カムデンマーケット、屋台、リージェンツ運河、夜の街や音楽などでよく知られています。この地域のマーケット、パーティや音楽は、観光者だけでなく地元の人やティーンエイ

Newest Articles

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バリ島で人気のアクティビティとアトラクション

インドネシアの17,000以上の島々の中で、バリは最も有名な島の1つです。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上にわたってオランダ人が住んでいた歴史があります。今日、バリ島はアジアでトップの観光

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

トラカイ1日観光

トラカイはリトアニアの小さな湖の街で、首都ヴィリニュスから西に28kmほど離れた場所にあります。この街は、東ヨーロッパで唯一水に浮かぶ城があることで有名です。もしヴィリニュスにいる場合は、トラカイ1日

Relative Articles

タリン旧市街の見どころ

タリンの旧市街は、北ヨーロッパで最もきれいに保存されている中世時代からの街として知られています。13〜14世紀にできたこの旧市街は、ユネスコ世界遺産にも登録されています。石畳のストリート、中世の教会、商人や職人の家など可愛らしい建造物が多く、おとぎ話に出てきそうな場所です。 これから、タリンの旧市街で楽しめることを紹介します。 ビル・ゲート 旧市街のメインエントランスには、ビル・ゲートの名で知られ

素晴らしい街リオデジャネイロの一味違った楽しみ方

リオデジャネイロは素晴らしい街として知られています。年中をとおして街並みは美しく、冬場でもビーチや音楽を楽しむことができます。 多くの観光者が訪れ、世界中でも有名なユニークな街ですが、そこにはまだ、コルコバードのキリスト像やシュガーローフ山をすでに訪れた人にとっても、隠れた魅力があります。 ここでは、さまざまな観光目的に合わせて、旅行に来た人全員が楽しめるいろいろな方法をご紹介します。 歴史センタ

レシフェでの5つの楽しみ方

レシフェは、ブラジルの中でも文化が豊富な街です。どんなことがあっても活気があり温かい人間性を持ち、街には美しい場所が溢れています。文化の濃さを感じたい場合は、ストリートを歩いてみてください。マラカトゥやフレーヴォといった地元の音楽や踊りを見ることができるかもしれませんよ。 今回はレシフェで見逃してはならない5つの場所についてお話します。もちろんこれ以上に足を運んでほしい場所はたくさんありますが、ぜ

フランス、リヨンの魅力: 必ず見てほしい5つの場所

リヨンはフランスの中で最も観光に訪れる人が多い街で、見てほしいものや場所が非常にたくさんあります。ローヌ川とソーヌ川が交わる部分にあり、フランスのオーヴェルニュ・ローヌ・アプル地域圏の最南端にある美しい街です。467km北西にあるパリ(Paris)や238km南西にあるトゥールーズ(Toulouse)と同じで、リヨンは古い文化と新しい文化が混ざり合っていて非常に魅力的です。リヨンの魅力はそこにある

コルカタへのガイド

コルカタを訪れる外国人観光客はムンバイやデリーよりもはるかに少ない数でしょう。 しかし、独立運動前後の歴史を理解するにはインドで最高の場所です。 1) カレッジストリートの本市場 ここは、世界最大の本市場であるとも言われていて、店を眺めながらゆっくりと散歩するのにぴったりです。 お目当ての本を見つけたら、トラディショナルなインディアンコーヒーハウスでコーヒーと読書を楽しみましょう。 非常に混雑して

秘境: 豪州 ホリゾンタル フォールズ(水平の滝)

秘境: 豪州 ホリゾンタル ‘ フォールズ(水平の滝) Introduction 西オーストラリア州、キンバリー区 秘境 グレートネイチャー 動画 サメ、カメを含む海洋野生生物、ジュゴン、ウミガメ、ザトウクジラ又、丘には岩ワラビーをタイミング次第で目撃できるという副産物付きのスポットをご紹介。 ホリゾンタル フォールズ (水平の滝) 英国BBCプロデューサーもこなした自然歴史家のディビド·アッテン

ブルターニュ地方の芸術・文化の街ナントでアートと歴史を堪能

フランス人にも人気の湾岸都市 ナント かつてブルターニュ公国の中心地だったナントの街は、造船所や工業跡地を中心に芸術祭が開かれていたり、ブルターニュ大公城などの歴史的スポットが魅力な、ロワーヌ川沿いの小さな都市です。 イチオシの観光スポットをご紹介 ナントを訪れると、まずは歩いてみたいのがブルターニュ大公城です。メイン広場から歩いて行くことの出来るこのスポットは、地元の人の散歩コースとしても人気で

ダブリン3日間の旅程とヒント

ダブリンには3日間で見るべき興味深いものがたくさんあります。アイルランドの首都は、誰もが愛する魅力的な街です。こじんまりとしていて、居心地がよく、幅広い年齢層やありとあらゆる民族に開かれています。パブとライブミュージックの魂を持つ街で、雨の午後には落ち着いた、晴れの日には明るい雰囲気を楽しむことができます。 ダブリンでの過ごし方 コンパクトなサイズの街の利点の1つを、ダブリンへの3日間の旅行で、肌

魅力的な街の集合体、ピレネー山脈ツアー

フランス語でミディ=ピレネーは、フランスの大都市で最大の地域です。この地域はピレネー山脈の中腹に位置しており、それが名前の由来となっている。8つの県がこの地域を構成しており、その規模はデンマークと同等で、スイスやベルギーよりも大きい。アリエージュ、アベロン、オート・ガロンヌ(オート・ガロンヌ)、ゲルス、ロット、オート・ピレネー、タルン、タルン・エ・ガロンヌといった地区でできています。 景観の多様性