レシフェでの5つの楽しみ方

image-17-ozniq4snpcscup1926gnruchu3qoq16e3bnvpm53ns

レシフェは、ブラジルの中でも文化が豊富な街です。どんなことがあっても活気があり温かい人間性を持ち、街には美しい場所が溢れています。文化の濃さを感じたい場合は、ストリートを歩いてみてください。マラカトゥやフレーヴォといった地元の音楽や踊りを見ることができるかもしれませんよ。

今回はレシフェで見逃してはならない5つの場所についてお話します。もちろんこれ以上に足を運んでほしい場所はたくさんありますが、ぜひ目には見えないものまで体で感じてみてくださいね。

また、レシフェは訪れてほしい時期が2つあります。1つはお祭りで、これは他のどの場所とも違った、この国の中で最高のパーティーイベントの1つです。もう1つは6月に開催されるサン・ジョアンパーティーで、このパーティーはこの地域ならではのイベントで、地元の料理、ダンスや文化などをとおして、人が笑顔になるものです。

マルコ・ゼロ
グラウンド・ゼロから見えるユニークなオランダ建築

マルコ・ゼロという広場はこの街発祥の地で、レシフェから他の街までは全て距離がマンホールのようなものに表記されています。また、風配図も描かれおり、植民地時代に建てられた建物の方向も分かる、見ていて興味深い場所です。

また、ビーチに行った後に楽しめるバーも何軒かあります。そしてもしもあなたがお祭りを楽しむために行くようであれば、ここではブラジルで最も大きなお祭りが開催されており、楽しむことができますよ。

オールド・レシフェ・ストリート

この広場は、レシフェの昔を知る旅の出発地点に最適で、植民地時代からある街の一部は、小さい博物館や美しいストリートが溢れています。マルコ・ゼロのユニークな部分は、そのオランダの建築様式にあります。17世紀、この地域全体がオランダの植民地下にあり、それが理由でブラジルのさまざまな場所で同じ建築様式が見られます。

パコフレヴォ
この博物館の飾り付けは美しく色とりどり、まさにレシフェの文化そのものです

この博物館はマルコ・ゼロから数mと近くにあり、地元の豊かな文化を知ることができる場所です。フレヴォは地元の活気的なリズムのことを指しますが、地元の文化の1つでもあります。

マラコフタワーの中にあるこの博物館は、写真を撮るためだけにでもせめて立ち寄ってほしい場所で、全ての壁や床にフレヴォの象徴やそれに関連する証が色とりどりに飾りつけられています。

また、ここではリズムを聴くだけでなく実際に見て、その文化や足の複雑な動きが必要なダンスを学ぶこともできます。

ブレナンド研究所 協会
ブレナンド城はラテンアメリカの中で最高の博物館の1つです

ここは街からはかなり離れてはいますが、ブレナンド城の名で知られる美しい建物があり、博物館も併設するこの施設は、トリップアドバイザーにおいてラテンアメリカの中でも評価の高い場所です。

武器博物館には、他の地域からきたナイフや宝石が散りばめられた白い豪華な武器など興味を引かれるものばかりが保管されています。さらにブラジルの奥地の歴史を展示品から知ることができます。

週末に行ける魅力的な場所もいくつかあるので、その場所に何があるかを調べてから行ってくださいね。きっと忘れられない貴重な経験が得られます。

先程もお伝えしたとおり、ここは街の中心部からは離れているので、GPSを使うか、ここの近くにある連邦大学行きのバスに乗ってください。博物館は午前中は閉まっているので、午後の予約を取るようにしてくださいね。

ボア・ビアジェン海岸
ボア・ビアジェン海岸

ブラジル沿岸部の旅をより良くするためには、海岸にはぜひ立ち寄ってください。ここはレシフェで最も有名な海岸で、私たちの知っている一般的な海岸とは違い、サメなどが生息しているため海水浴には向いていません。

しかしここにはバーがあるので、景色を見て心地良い風に当たりながら冷たい飲み物を楽しむことができます。また、ペルナンブコというレシフェにある街には、海水浴ができるブラジル一と言われる海岸もあるので心配しないでくださいね。

ボア・ビアジェン海岸は、海水浴に向いてはいませんが、入ろうと思えば入ることは可能です。また、ここには売店があり、職人が作った作品の定期市であるクラフトフェアや日向でリラックスしながら楽しめる子ども向けのイベントなど、パーティーも複数開催されています。

カピバリべ川
川のほとりから見える色とりどりな家

レシフェには街の至るところに運河があります。そのため、この街の橋も観光地として有名で、さらにこの街はブラジルのベネチアとも呼ばれるようになりました。実際にはこのニックネームは街の雰囲気とは合っていませんが、カピバリべ川沿いから見える景色は美しく、特に夜には違った顔が見られます。

この旅はグラウンド・ゼロから始めることができます。河川の街観光として知られるこのツアーは、レシフェの中でもテアトロ・サンタ・イサベル、ルア・ダ・オーロラ(カラフルな家)、ポコ・ダ・アルファンデガ(ショッピングモール)、立法議会、マルコ・ゼロやパルケ・ダ・エスクルトゥラス(ここは通るのみ)など多くの観光者が訪れる場所へ連れて行ってくれます。

河川の街観光をしている間観光者は、フランシスコ・ブレナン彫刻公園、マルコ・ゼロ広場、パコ・アルファンデガ、ペルナンブーコ・ギムナジウム、立法議会、サンタ・イサベル劇場やルア・ダ・オーロラなど、数多くの美しい景色が見られる観光地を楽しむことができます。

おまけ: ポルト・ジ・ガリーニャスとフェルナンド・デ・ノローニャ

どちらも1つの記事にできるほど素敵で、レシフェからも十分行ける場所なのですが、1回の旅行で2つとも満喫するにはコツが必要です。

ポルト・デ・ガリーニャスの夕日

ポルト・ジ・ガリーニャスはレシフェ南部で最も美しい海岸で、年中魅力で満ち溢れています。中でもベストシーズンが秋にあたる6月で、サン・ジョアンというブラジルで最も文化的なイベントが開催されます。しかし年間を通して暖かい気候なので、冬だからといって心配しないでくださいね。

フェルナンド・ド・ノローニャの展望台

フェルナンド・デ・ノローニャはブラジルで最も大きな島です。ここにはブラジル海軍もあり、訪れるには許可を得る必要がありますが、難しくはありません。また、ここの官僚施設が大西洋の真ん中にあるため非常に価値があります。ホテルや旅館などさまざまな宿泊施設もありますが、お金に余裕がある人向けなので、もしそうであればぜひチェックしてみてくださいね。

Interesting Articles

ブルゴーニュワインを訪ねて ボーヌ

ボーヌは世界最高のワイナリーのいくつかにほど近く、お昼にワインを飲みすぎないように午前中に訪れるのがよいかもしれません。市内の主な観光場所はホテル デューです。百年戦争が終わった直後、ブルゴーニュの公

フランス、カルカソンヌでの楽しみ方

歴史マニアにとって、カルカソンヌの楽しみ方がたくさんあります。丘の上に腰掛けるこの中世から続く街は、フランス南部のラングドックにあり、古くから残るもので溢れています。中でも中世時代から残る歴史的要塞都

ジャンムーでの過ごし方

スリナガルから乗合タクシーで疲れ果ててジャンムーに到着しましたが、すぐに体力を回復して、丸2日間街を探索してみました。 ジャンムーは退屈な街だとスリナガルで聞いてましたが、私は到着してみて驚きました。

バンクーバー: 3日間での楽しみ方

バンクーバーに初めて訪れた時の最高の過ごし方をご存知ですか?もしも3日間しか日数がなかったとしても、これからご紹介することであればきっと全てできると思いますよ! この旅程には、バンクーバーだけでなく、

フランス、リヨンの魅力: 必ず見てほしい5つの場所

リヨンはフランスの中で最も観光に訪れる人が多い街で、見てほしいものや場所が非常にたくさんあります。ローヌ川とソーヌ川が交わる部分にあり、フランスのオーヴェルニュ・ローヌ・アプル地域圏の最南端にある美し

イタリアのフィンランドを発見マルチェジーナ

北イタリアに、素晴らしい景色ととてつもない寒さの両方を、フィンランドと比較される場所がある事を知っている人はほとんどいません。そこはマルチェジーナというたくさんの歴史や伝説がある平地です。アジアーゴ高

素晴らしい街リオデジャネイロの一味違った楽しみ方

リオデジャネイロは素晴らしい街として知られています。年中をとおして街並みは美しく、冬場でもビーチや音楽を楽しむことができます。 多くの観光者が訪れ、世界中でも有名なユニークな街ですが、そこにはまだ、コ

のんびりダージリン旅行

ダージリンに行くにはいくつかの選択肢があります。バッグドグラ空港からは、車でダージリンに直行するのが便利です(約2〜3時間)。または、駅に向かい、電車にを利用することもできます(少なくとも6時間)。こ

美しい小都市 サバナ

映画「真夜中のサバナ」の本拠地であるサバナは、間違いなく北東アメリカで最も美しい小さな都市です。 リバーフロントから旅を始めましょう。夕方には活気にあふれ、朝は静かです。街の古い港の雰囲気を感じ、ベイ

ミラノ1Dayトリップでやりたいこと

イタリアを訪れたらやりたいことがいっぱい!魅力的な街もいっぱい!たくさんの史跡や美術館などその中で選ぶとすれば、大都市を観光することです。ミラノ観光もその中の1つこの記事では、1日の旅行でのとっておき

Newest Articles

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バリ島で人気のアクティビティとアトラクション

インドネシアの17,000以上の島々の中で、バリは最も有名な島の1つです。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上にわたってオランダ人が住んでいた歴史があります。今日、バリ島はアジアでトップの観光

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

トラカイ1日観光

トラカイはリトアニアの小さな湖の街で、首都ヴィリニュスから西に28kmほど離れた場所にあります。この街は、東ヨーロッパで唯一水に浮かぶ城があることで有名です。もしヴィリニュスにいる場合は、トラカイ1日

Relative Articles

バルセロナでの7つの必見スポットとベストな楽しみ方

バルセロナのおすすめスポットへ行く前に、その歴史の概要を簡単に見てみましょう。1992年のオリンピックで壮大なる変貌を遂げたバルセロナは、今ではヨーロッパだけではなく、世界で最も多くの人が訪れる都市となりました。ビーチや山、快適な気候など、住むには理想的な都市であることに加えて、世界中からの観光客に人気の都市となっています。文化やレジャーを楽しむこととは別に、代表的な観光スポットのサグラダファミリ

バリで楽しめる魅力的なこと

インドネシアには17000を超える島々がありますが、中でもバリは最も有名な島です。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上もの間オランダの植民地だったという歴史があります。現在ではアジア(Asia)圏で最も観光者の多い場所となっています。この南国の地で何をしようか迷っていたとしても大丈夫です。バリには楽しめることがたくさんありますよ。 これから紹介することを、ぜひこの素敵な島で過ごす際の参考に

歴史と信仰の街、パヴィーア

パヴィーアは、北イタリアのロンバルディア地方、ミラノの近くに位置する、古代から続く美しい街です。この街はティチーノ州でローマ人によって開拓され、この地域で最も大きい中世都市の1つだったため、ロンバルディア王国の首都となりました。 現在は、よくある大きさの街となりましたが、複数の神器や美しい中世建築と、大学に通う若者が共存する街として残っています。 パヴィーア大聖堂 ヴィスコンティ城は中世に建てられ

フランス:リールでの過ごし方

フランス北部のリールは、有名な工業都市として知られています。今日では、稼働している工場は以前に比べてはるかに少なく、他の国と同様に、多くの倉庫は他の用途に転用されています。 歴史的な中心部は、ドゴール広場(ドゴールはリールで生まれました)を中心に構成されています。そこには、市内で最も象徴的なモニュメントの1つであるリールの旧証券取引所があります。数メートル離れた新しい証券取引所が建設された1921

南京を訪れてみよう!

見落とされがちな「南の首都」は、世界でも印象的な要塞群を抱えています。 城壁は、これまでに建てられた中で最も長い円形の壁です。 地下鉄に乗り、4番出口の鶏鳴寺駅で降りると、そこから城壁が見えます。 チケットを購入すると、その上を歩くことができ、 街のパノラマビューを望むことができます。そこには大きなコントラストあり、不思議な光景です。 次は丘の上にある鶏鳴寺に向かいます。 いくつかの部屋を訪れた後

トラベルガイド:バレンシアでの2日間

バレンシアはスペインで、マドリッドとバルセロナに次いで3番目に人口の多い都市です。それは歴史を通じて、ローマ人、イスラム教徒、キリスト教徒を通り抜けてきた都市だからです。だから、それぞれの一人一人が彼らの建築、言語、宗教、習慣の一部を残していったと想像されます。 以前はトゥリア川を渡っていました。しかし、1957年に大洪水が起こり、川が氾濫して大洪水になりました。このため、水路を迂回させて洪水の再

アングラ・ドス・レイス, 一年中いつ訪れても美しい島

アングラ・ドス・レイス 一年中の島 365 islands, Angra dos Reis is an incredible place. ブラジルの二つの大都市、リオデジャネイロとサンパウロの間には、魔法のような別世界、アングラ・ドス・レイスが存在します。この町は沿岸に365の島をもっており、中には信じられないほど活気に満ちた島がいくつかあります。 ここの島々は興味深く豊かな町で、船が主な交通手

チリ、バルパライソでの楽しみ方—パシフィックジュエル

素敵なストリートアートのある坂の急な丘を越えると、博物館やレストランなど、バルパライソでの楽しめる場所がたくさんあります。1542年に港としてつくられたバルパライソの街は、今では世界中から観光者が集まる魅力溢れた場所となっています。 チリの首都サンティアゴから車で約1.5時間離れた場所に、たくさんの楽しみ方ができるバルパライソの街があります。また、ここはユネスコ世界遺産にも登録されている、芸術、歴

ミラノ1Dayトリップでやりたいこと

イタリアを訪れたらやりたいことがいっぱい!魅力的な街もいっぱい!たくさんの史跡や美術館などその中で選ぶとすれば、大都市を観光することです。ミラノ観光もその中の1つこの記事では、1日の旅行でのとっておきを紹介します。 イタリアの都市で世界で最も有名な都市の1つのミラノは、ファッションとデザインの本場です。古代の建物と遺跡が現代建築と融合しているため独特の魅力があります。ミラノでどこを観る? どこへ行