リガ滞在2日間の過ごし方

town-hall-square

リガはラトビアの首都で、約700万人が暮らす、バルト海に接する街の1つです。ここは様々な芸術や文化が入り混じった魅力的な大都市で、木造の建物、中世からあるオールドタウン、旧ソ連の記念碑やアール・ヌーヴォーの建造物など多くの歴史あるものが見られる街でもあります。リガのヴェツリガ(Vecrīga)の名で知られるオールドタウンは、ユネスコ世界遺産に登録されている、観光者にはおすすめの場所です。また、リガはこの地域の中心部としても知られている美しい街なので、訪れる価値は十分にあります。

ここ数年間で、リガは観光者に人気の旅先となりました。もしリガに少しでも立ち寄る場合は、以下のリストを参考にして楽しい旅にしてくださいね。

  1. リガセントラルマーケット
リガセントラルマーケット

リガセントラルマーケットは、東ヨーロッパの中で最も大きな市場の1つです。ここはリガの国際バス乗り場と中央駅のすぐ隣にあり、オールドタウンからも徒歩10分程度の距離にあります。もしもリガにバスや電車で行く場合は、まずこの市場に寄ってぜひ地元の料理を楽しんでください。

この食べ物の市場は1920年代に軍事目的でつくられ、その後市場へと変化を遂げました。非常にユニークな古くからあるこの市場では、様々な地元の料理の屋台がたくさん軒を連ねています。また、ここはシーフード好きにとってもたまらない場所で、ラトビアならではの燻製されたいろいろな魚を味わうことができるのです。

セントラルマーケットの裏側

この市場を訪れることで、地元の文化や新鮮な食べ物を楽しむことができます。

チェック: 地元の料理、燻製された魚

2. リガ旧市街 (Vecrīga)

リガ旧市街は、世界中から観光者の訪れる最も人気の場所です。800年以上もの歴史が続くこの旧市街は、1日を過ごすのにぴったりです。壮大なゴシック様式からアール・ヌーヴォーまで、数多くの建築物が目を楽しませてくれます。狭い石畳のストリートの中には、カフェ、パブ、レストランやパン屋など、素敵な景色と一緒にカプチーノや料理の楽しめるお店がたくさん並んでいます。

リガのオールドタウンにある教会

リガの旧市街は第二次世界大戦中に約40%において大きな打撃を受けましたが、最新の注意を払いもとの形へと修復されました。保存状態の良い様々な色が使用された建物を見て歩くことで、非常に楽しく充実した気分になれます。

この旧市街では最低でも半日は使って、散策をしてみることをおすすめします。

チェック: ゴシック様式、800年前に建てられた建造物、石畳のストリート

3. 市庁舎広場

市庁舎広場は、オールドタウンの中心のような壮大な場所です。昔はここは街の中心部とされていましたが、近年はその華やかな建造物で有名です。ここでは、市議会事務所、観光事務所、文化博物館やブラックヘッドハウスを見ることができます。また、中心部には平和の象徴を意味するローランドの像が飾られています。

ここは写真家にとって最高の場所でもあり、ブラックヘッドハウスから昼夜問わず、特別な雰囲気が醸し出されているんですよ。ここは日中でも夜でも、いつ訪れても楽しめる場所なのです。

チェック: ブラックヘッドハウス

4. 自由の記念碑

自由の記念碑は1935年、ラトビア独立戦争(1918年〜1920年)後につくられました。また、この記念碑は、過去にラトビア人とそれを抑圧しようとした人々がいたことを示す国の象徴でもあります。記念碑の頂点には、ラトビア人のフェミニンなイメージに合わせて、ミルダが置かれており、手に持つ3つの星は、第一共和政時代にあったラトビアの3つの地域を意味しています。

この自由の記念碑は、ラトビアで著名な彫刻家カーリス・ゼールによってデザインされ、4年の期間をかけてつくりあげられました。ソビエト連邦に占領されていた頃は、ここに人が集まることはどのような理由があれど禁止されていました。

自由の記念碑は、今では美しい公園に囲まれており、リガの街の中心部、オールドタウンの端に位置しています。

チェック: 記念碑

5. バスタイカルンス公園

この目立つ公園は、オールドタウンや自由の記念碑と隣接しているため、見逃すことのない場所であると言えます。リガ運河が通る美しく静かな庭は、この公園をより魅力的にみせています。また、この公園は、リガ運河をボートに乗って楽しむことのできるツアーの出発地点となっていますよ。

美しい景色とたくさんの像を目にすることのできるこの公園は、ゆっくり座ってリラックスできる場所です。また、公園内を散歩して、ラブロック橋、運河、ラトビアンハウス、像や花などの素敵なものを探してみるのもおすすめです。 

チェック: ラブロック橋、リガ運河

6. リガの街が見渡せる展望台

ここは、ラトビアンアカデミーオブサイエンスがソビエト時代につくった、107mの高い建物で、リガに訪れる人には必ず足を運んでほしい場所です。

ラトビアンアカデミーオブサイエンス

この建物は23階建てで、最上階に丸い形をした展望スペースがあります。そこからは、何も妨げるものがなく、他に類を見ない景色を360°見渡すことができます。また、十分な広さもあるため、様々な角度から安全に写真を撮ることも可能です。

入場料は1人6ユーロで、日没前に訪れることをおすすめします。

チェック: リガの全景

7. 他に訪れるべき場所

これまでに紹介した場所以外にも、リガには逃してほしくない多くの魅力があります。以下のリストをぜひ参考にしてください。

  • 聖ペテロ教会からのリガの景色
  • メサ公園
  • ヴェルマネス庭園
  • リガ自動車博物館
  • アール・ヌーヴォー美術館

8. リガ旅行のおすすめ

宿泊施設: 旧市街の中かその付近の施設を選ぶと観光しやすいです。しかし、旧市街の中の宿泊施設ひ他と比べてかなり高額なので、もし予算が限られている場合は注意してください。旧市街から10分〜15分歩いたところにはAirbnbやホステルもあるので見てみてくださいね。

9. リガへの行き方

空路: すでにヨーロッパにいる場合は、ライアンエアーの飛行機が格安でEUの他の地域からリガの街を行き来しています。

リガ空港から: 公共交通機関であればバスが出ており、通常22番のバスがリガの街と空港を往復しています。

海路: ストックホルムやタリンからであれば、海路を使うことも可能です。

バス: バスが最も安い行き方です。チケットは、行き先にもよりますが、5〜20ユーロで購入できます。タリン、ヴィリニュス、ワルシャワ、ベルリンやプラハなど様々な街からリガへのバスが出ていますよ。

Interesting Articles

クラクフ旅行でのおすすめスポット

ワルシャワから向かう場合は、鉄道の利用をお勧めします。 ポーランドでの運転は、あまり楽しい経験とは言えません。 その上、フランスやイタリアの列車とは異なり、ポーランドの列車で提供される食べ物はなかなか

サンクトペテルブルク ~ヨーロッパのロシア~

サンクトペテルブルクは、1703年に皇帝ペーター1世によって設立されたヨーロッパで最も美しい都市の一つです。モスクワに次ぐロシアで2番目に大きな大都市であり、500万人以上の住民がいます。訪れるのに最

フランス、カルカソンヌでの楽しみ方

歴史マニアにとって、カルカソンヌの楽しみ方がたくさんあります。丘の上に腰掛けるこの中世から続く街は、フランス南部のラングドックにあり、古くから残るもので溢れています。中でも中世時代から残る歴史的要塞都

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

ブルゴーニュの首都、ディジョン

ブルゴーニュの首都、ディジョンはワインの国への完璧な玄関口です。街自体にも少なくとも1日滞在してみるとよいでしょう。 パリから高速列車で行くとたった1時間40分しか、かかりません。鉄道駅はあまり良い建

セビリアでおすすめの楽しみ方7選

セビリアはスペインで最も美しく、最も訪問者の多い都市の一つです。それは文化と秘密に満ちた都市であり、多くの歴史と無限のアクティビティやアトラクションを発見することができます。アンダルシアの首都であるセ

のんびりダージリン旅行

ダージリンに行くにはいくつかの選択肢があります。バッグドグラ空港からは、車でダージリンに直行するのが便利です(約2〜3時間)。または、駅に向かい、電車にを利用することもできます(少なくとも6時間)。こ

パタゴニアでおすすめの美しいスポット達をご紹介

パタゴニアは、アメリカ大陸の最南端に位置し、その最も美しい場所を紹介します。この地域は、16世紀にフェルナンド ・ デ ・ マガランズの遠征によって名づけられ、チリの海峡地域とアルゼンチンのパタゴニア

中世の空気が残る街。トレドへ行こう!

トレドは、中世の息吹を感じるスペインの都市です。多数の歴史的な遺産を持つトレドは、豊かで魅力的な街であり、訪れる人を時を超えた旅へと誘ってくれます。このスペインへの旅では、小さな路地を歩き、有名な中世

素晴らしい街リオデジャネイロの一味違った楽しみ方

リオデジャネイロは素晴らしい街として知られています。年中をとおして街並みは美しく、冬場でもビーチや音楽を楽しむことができます。 多くの観光者が訪れ、世界中でも有名なユニークな街ですが、そこにはまだ、コ

Newest Articles

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バリ島で人気のアクティビティとアトラクション

インドネシアの17,000以上の島々の中で、バリは最も有名な島の1つです。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上にわたってオランダ人が住んでいた歴史があります。今日、バリ島はアジアでトップの観光

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

トラカイ1日観光

トラカイはリトアニアの小さな湖の街で、首都ヴィリニュスから西に28kmほど離れた場所にあります。この街は、東ヨーロッパで唯一水に浮かぶ城があることで有名です。もしヴィリニュスにいる場合は、トラカイ1日

Relative Articles

オランダ、アムステルダムは特別な観光地

オランダの首都アムステルダムは、最も大きく、人口も最大の都市で、毎年何百万人もの観光客が訪れます。700年以上の歴史を持つアムステルダムは、見どころがたくさんあり、いろんな体験ができます。世界的に有名な観光スポットとしては、ゴッホ美術館、アンネフランクの家などがあります。しかし、歓楽街が少ないので、観光地として魅力的でないと感じる人も入りかもしれませんが、そんなことはありません。アムステルダムの特

マルセイユ:宗教と文化の興味深い交わり

マルセイユは2600年前にフォセアのギリシャ人によって創られました。古くからあるフランスの都市で、パリに次いで2番目に大きい都市です。16の地区があり100万人が住み、ほとんどの街が伝統的特色を保っています。 1481年にマッセリアがフランスに支配されオスマン帝国と戦略的に結びついたことによって急速に成長しました。フランス革命の後、君主政治により暴力、抑圧が行われ残虐な事件が多く起こりました。 1

バルセロナでの7つの必見スポットとベストな楽しみ方

バルセロナのおすすめスポットへ行く前に、その歴史の概要を簡単に見てみましょう。1992年のオリンピックで壮大なる変貌を遂げたバルセロナは、今ではヨーロッパだけではなく、世界で最も多くの人が訪れる都市となりました。ビーチや山、快適な気候など、住むには理想的な都市であることに加えて、世界中からの観光客に人気の都市となっています。文化やレジャーを楽しむこととは別に、代表的な観光スポットのサグラダファミリ

オーストラリア、メルボルンでの楽しみ方: 人気の行き先

オーストラリアの首都であり、ビクトリア州にあるメルボルンの街は、住むのに最適な場所です。事実、ザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが発表する居住性の指標で世界一住みやすい街の称号を7年連続で取得しています。また、観光地としても素敵な場所です。博物館を訪れたり、砂浜を散歩したり、地元のコーヒー文化に浸ったりと、メルボルンでできることは多岐に渡っています。 街の1日観光をするにあたり、まずは街

トレントでの楽しみ方: 1日しか時間のない方へ

トレントで何を見ようか、どこへ行こうか悩んでいる人はいませんか?心配しないでくださいね。歴史深いトレントのあるトレンティーノ・アルト・アディジェ州はそんなに大きな地域ではないので、1日で楽しむことも十分可能です。周囲の景色や像を見ながら歩いて周ることのできる街の中心部は、観光者にとっても魅力的な場所です。結局短い時間でトレントでは何を見れば良いのか?その答えは、街の魅力的な場所全てを周りましょう!

チリ、バルパライソでの楽しみ方—パシフィックジュエル

素敵なストリートアートのある坂の急な丘を越えると、博物館やレストランなど、バルパライソでの楽しめる場所がたくさんあります。1542年に港としてつくられたバルパライソの街は、今では世界中から観光者が集まる魅力溢れた場所となっています。 チリの首都サンティアゴから車で約1.5時間離れた場所に、たくさんの楽しみ方ができるバルパライソの街があります。また、ここはユネスコ世界遺産にも登録されている、芸術、歴

ワインの産地、ポルト

ポルトガルで最も重要な街の一つ、ポルト。この街は、ワインの産地として知られ、世界的に有名な真珠の宝庫として有名なドゥエロ川もあり、また、美しい場所やおいしい料理もたくさんあるため、訪れることをおすすめする街です。 街に着くと View this post on Instagram A post shared by Porto ✦ Oporto ✦ SUPER PORTO (@super_porto

トリエステでのセイリング体験

クロアチアや、スロベニアで夏を過ごす人たちにとって、通り過ぎるだけの街であるとしばしば思われているトリエステは、数時間の滞在以上の価値があります。ここは文化の中心地とも考えられており、長い間、世界中の数人の作家達がインスピレーションを得るためにここに滞在しました。 その名声はイタリアで最高のものではありません。少し敬遠されてて陰気です。しかし、毎年10月にはとてもクールな事があります。そこでする、

Athens, Greece

ギリシャ・アテネで訪れてほしい5つの場所

民主主義の発祥地で、神話・伝説・歴史の深い場所でもあるアテネは、人の心を惹きつけて離しません。毎年何百万人もの人が、このギリシャの首都を訪れます。アテネの中心部には多くの宿泊施設があり、滞在するメリットもたくさんあります。ホテル、B&B、ホステルなどの多くが街の人気の観光スポット周辺にあります。そこから街の中心部であるアクロポリス、歴史のある市場や人気の博物館へは、徒歩か少しタクシーに乗る