クロアチア周遊、必ず訪れるべき街スプリト

croatia-1611128_1920

スプリトの街は、まさに野外博物館。クロアチアの中で二番目に大きなこの街は、ダルマティア地方に行く場合は絶対にはずしてはならない重要で、素晴らしい時間を過ごすことができる場所です。さらに、この街から出ている船に乗ると、クロアチアの有名な島や、まるで天国にいるような感覚が体験できる素敵なビーチへもたどり着けます。

ディオクレティアヌス宮殿

ディオクレティアヌス宮殿

ディオクレティアヌス宮殿は、スプリトの中にある小さな街です。とても賑やかで美しく、ひとたびその小道を歩き始めると、充実した時間が過ごせるカフェや、様々なお店でたくさんのお土産品を買うこともできます。

この小さな街は、3世紀頃にローマ人によって全ての始まりの場所として作られ、その後スプリトの街が周りに作られました。また、街の中には興味を惹かれる市立博物館もありますが、すごく魅力的なものというわけではありません。

リヴァの遊歩道

リヴァと呼ばれる海沿いの遊歩道

クロアチアの海岸沿いの遊歩道は、リヴァという名称で知られており、リヴァは複数の街に存在しますが、その中でもスプリトの街のリヴァは格別です。そこから見える島々の景色は非常に美しく、周辺ではお洒落なレストランやカフェが並んでいます。宮殿を去る際には必ず立ち寄ってくださいね。

グリーンマーケット

スプリトの街並み

ヨーロッパでは、街中で開かれる市場が非常に有名で、どの街を訪れても週に一度は少なくとも目に入ることでしょう。同様にスプリトにも市場があり、中でもディオクレティアヌス宮殿にあるグリーンマーケットでお土産品を買うことをおすすめします。グリーンマーケットは野菜も売っているとても大きな出店です。

マルジャンへの小道

最も美しいマルジャンからの風景

マルジャンは、街の最も高台にあり、リヴァから繋がっており、そのまま行くことができます。晴れている日には街全体を見渡すことができるので、一度は足を運ぶべき場所です。

静かな階段、レストランやヴィディリカという美しい夕陽が見られることで有名なカフェのある大通りを通り抜けると、この街全体を見渡すことができるビューポイントまで行くことができます。マルジャンの街にたどり着くと、ただ街の景色を見渡すだけではなく、さまざまなツアーに参加することも可能です。また、着くまでの道には、樹木の生い茂った公園があり、いくつかの線路はそこが出発地点となっていて、小さくも魅力的な場所となっています。

スプリト港

最も重要な地域の一つと言われるスプリトの港

港地方は、最も栄えている街の一つで、ヨーロッパの中では大西洋横断の出発の主要地点として頻繁に使われているため、この街を訪れる時には必ずと言っても良いほどの確率でこの港を通ることでしょう。

もしもこの地方のビーチが気に入ったようであれば、この港からクロアチアの多くの島々へ船やツアーが出ているので、必ずこの港から乗船してみてください。きっとフバル島などの天国のように魅力的なビーチに出会えることでしょう。

なぜスプリトがおすすめ?

宮殿からの道

歴史が垣間見えたり、美しい景色を見たりできる街はスプリトだけではないのですが、スプリトだけは、どんな旅程でも短時間だったとしても、訪れるべき街です。

先にもお話したとおり、スプリトからクロアチアの主要な島々に船が出ており、夏に訪れる場合は全ての島にとってのベストシーズンと言えます。ぜひスプリトに行き、ビーチで優雅な時間を過ごしてください。きっと忘れられない1日となることでしょう。

もしもビーチ以外の場所を訪れたい場合でも、スプリトはおすすめです。スプリトからは、クロアチアの主要都市であるドゥブロヴニクや、ボスニアヘルツェゴビナにあるサラエボなどに行くことができるのです。

Interesting Articles

ベルリン:第二次世界大戦を追う

ベルリンは、第二次世界大戦において最も重要で最も暗い歴史を持つ街です。ですが、だからこそベルリンの人々はこの出来事を忘れず、今でも弾丸や発射物などの跡が残されているのです。ベルリンでは、歴史のどの場面

美しい小都市 サバナ

映画「真夜中のサバナ」の本拠地であるサバナは、間違いなく北東アメリカで最も美しい小さな都市です。 リバーフロントから旅を始めましょう。夕方には活気にあふれ、朝は静かです。街の古い港の雰囲気を感じ、ベイ

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バルセロナでの7つの必見スポットとベストな楽しみ方

バルセロナのおすすめスポットへ行く前に、その歴史の概要を簡単に見てみましょう。1992年のオリンピックで壮大なる変貌を遂げたバルセロナは、今ではヨーロッパだけではなく、世界で最も多くの人が訪れる都市と

ダブリン3日間の旅程とヒント

ダブリンには3日間で見るべき興味深いものがたくさんあります。アイルランドの首都は、誰もが愛する魅力的な街です。こじんまりとしていて、居心地がよく、幅広い年齢層やありとあらゆる民族に開かれています。パブ

マルセイユ:宗教と文化の興味深い交わり

マルセイユは2600年前にフォセアのギリシャ人によって創られました。古くからあるフランスの都市で、パリに次いで2番目に大きい都市です。16の地区があり100万人が住み、ほとんどの街が伝統的特色を保って

サンクトペテルブルク ~ヨーロッパのロシア~

サンクトペテルブルクは、1703年に皇帝ペーター1世によって設立されたヨーロッパで最も美しい都市の一つです。モスクワに次ぐロシアで2番目に大きな大都市であり、500万人以上の住民がいます。訪れるのに最

フランス、リヨンの魅力: 必ず見てほしい5つの場所

リヨンはフランスの中で最も観光に訪れる人が多い街で、見てほしいものや場所が非常にたくさんあります。ローヌ川とソーヌ川が交わる部分にあり、フランスのオーヴェルニュ・ローヌ・アプル地域圏の最南端にある美し

メキシコの基本: 必ず訪れてほしい5つの街

メキシコは非常に大きな国で、国の文化も豊富です。そのため、どのような目的の観光者でも、予算がいくらまでと決まっていても楽しめる場所になっています。ここでは、この広大な国の中でも特に何度訪れても飽きない

Newest Articles

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バリ島で人気のアクティビティとアトラクション

インドネシアの17,000以上の島々の中で、バリは最も有名な島の1つです。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上にわたってオランダ人が住んでいた歴史があります。今日、バリ島はアジアでトップの観光

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

トラカイ1日観光

トラカイはリトアニアの小さな湖の街で、首都ヴィリニュスから西に28kmほど離れた場所にあります。この街は、東ヨーロッパで唯一水に浮かぶ城があることで有名です。もしヴィリニュスにいる場合は、トラカイ1日

Relative Articles

コルカタへのガイド

コルカタを訪れる外国人観光客はムンバイやデリーよりもはるかに少ない数でしょう。 しかし、独立運動前後の歴史を理解するにはインドで最高の場所です。 1) カレッジストリートの本市場 ここは、世界最大の本市場であるとも言われていて、店を眺めながらゆっくりと散歩するのにぴったりです。 お目当ての本を見つけたら、トラディショナルなインディアンコーヒーハウスでコーヒーと読書を楽しみましょう。 非常に混雑して

ドロミテで最も魅力的な場所

ドロミテの一番のスポットはどこだろうかとあなたは思うでしょう。ご存知の通りドロミテはユネスコ文化遺産として認定されており、イタリアの行き先として非常に人気が高い場所です。ではドロミテ必見の場所とは何でしょうか?一緒にチェックしてみましょう! #1 – コルティーナ・ダンペッツォ コルティーナ・ダンペッツォはドロミテの女王として知られています。その明白な名声に加え、コルティーナはその山々

People in Glasgow, Scotland

スコットランド、グラスゴーで訪れてほしい場所 をご紹介!

クライド川の岸にあるグラスゴーは、スコットランドで最も大きな街です。非常に魅力的な街で、特に休暇のシーズン中は楽しめる場所がたくさんあります。歴史深い場所、博物館、賑やかなバーや家族でショッピングが楽しめる場所など、どのような世代の人であっても充実した時間が過ごせます。 車でエジンバラ(Edinburgh)から1時間ほど西に走ると、6世紀から続くグラスゴーのルーツを辿ることのできる場所があります。

カナダのリトルニューヨーク:トロント

あなたは国際的で、活気があって、リーズナブルなニューヨークっぽい都市をちょっと夢見たことがありませんか?もしそうだとしたら、トロントは素晴らしい代替案かもしれません。ニューヨークの名声や、有名な建築物、周辺地域はないものの、同じような雰囲気を簡単に見つける事ができます。ここでは、どのようにしてこの北部の地が独自のリトルニューヨーク・トロントを構築したのか、そして何がこの街をこれほどまでに美しくして

タイムトラベル:ラ・ハバナへの歴史的な旅

初めてハバナに接したとき、あなたはハバナについて読んだことが完全に真実であり、それが不足していることにさえ気付くでしょう。突然、あなたは前世紀の中ばにタイムスリップしたようになります。革命前のアメリカ車はまだ動いているかのようで、50年代の看板の店、革命的なメッセージのポスターなど…そう、まるで全く別の場所です。 私のハバナで見たいものリストでは、革命博物館がトップでした。ハバナへの旅は、間違いな

カリーニングラード: ヨーロッパ、ロシアへの旅

無愛想で暗く、孤立し忘れられがちな街、カリーニングラード。旅をするにあたり人は、足を運ぶ場所とそうでない場所を決定しています。それは偏見の詰まったインターネットでの口コミや写真が理由となることが多く、ほぼ無意識でその取捨選択を行っています。これはどこを訪れようと起こり得ることで、ヨーロッパを行き先にするとより頻繁に起こる傾向にあります。 しかし、少しだけ考え方を変えてみてください。ヨーロッパを時間

ダブリン3日間の旅程とヒント

ダブリンには3日間で見るべき興味深いものがたくさんあります。アイルランドの首都は、誰もが愛する魅力的な街です。こじんまりとしていて、居心地がよく、幅広い年齢層やありとあらゆる民族に開かれています。パブとライブミュージックの魂を持つ街で、雨の午後には落ち着いた、晴れの日には明るい雰囲気を楽しむことができます。 ダブリンでの過ごし方 コンパクトなサイズの街の利点の1つを、ダブリンへの3日間の旅行で、肌

クスコで見てほしい5つの場所

クスコは、旅行中に観光だけではなく冒険もしてみたいという人にとってぴったりの街です。アンデス山脈に隠れたこの街は、植民地時代以前から続く民族がインカの遺跡周辺で生活しており、ひとたび歩くと素晴らしい景色や文化、また、おいしい料理などと出会うことができます。 クスコを訪れることで、壮大な山々の中でペルー独自の文化を知ることができます。これから、この街に数多くある魅力の中でも、必ず経験してほしいことに

フランス:リールでの過ごし方

フランス北部のリールは、有名な工業都市として知られています。今日では、稼働している工場は以前に比べてはるかに少なく、他の国と同様に、多くの倉庫は他の用途に転用されています。 歴史的な中心部は、ドゴール広場(ドゴールはリールで生まれました)を中心に構成されています。そこには、市内で最も象徴的なモニュメントの1つであるリールの旧証券取引所があります。数メートル離れた新しい証券取引所が建設された1921