オーストラリア、メルボルンでの楽しみ方: 人気の行き先

melbourne-australia-denise-jans-gmtAa0Q5MI-unsplash-p0zu8gwvw41n0glhlj1mxtbjks7qr0igv41phxdn7s

オーストラリアの首都であり、ビクトリア州にあるメルボルンの街は、住むのに最適な場所です。事実、ザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが発表する居住性の指標で世界一住みやすい街の称号を7年連続で取得しています。また、観光地としても素敵な場所です。博物館を訪れたり、砂浜を散歩したり、地元のコーヒー文化に浸ったりと、メルボルンでできることは多岐に渡っています。

Flinders Street Station in Melbourne, Australia
フリンダーズ・ストリート駅| Photo from pxfuel

街の1日観光をするにあたり、まずは街の顔でもあるフリンダーズ・ストリート駅の時計の下で待ち合わせをしましょう。ここからは、少し歩くだけで有名なたくさんの場所へ行くこともできます。博物館、さまざまな買い物、おいしいレストランなど、全てが徒歩圏内にあります。街の中心部から離れた場所だったとしても地下鉄や電車で簡単に向かうことができますよ。

オーストラリア(Australia)メルボルンで必ず足を運んでほしい場所を紹介します。

クラウン・メルボルン

Crown Casino Complex
クラウン・カジノ | Photo by Gary Houston, CC0, via Wikimedia Commons

広大なクラウン・カジノは、同様の施設の中では世界で最も大きなものの1つです。その広さは510,000㎡ (5,489,594 フィート) を誇り、ヤラ川の南側に位置しており、十分に楽しむことができる場所です。

このカジノには、ブラックジャックやポーカーなど何千ものテーブルやマシンが設置されているので、好みや気分に合わせて楽しんでください。

Crown Casino Atrium
クラウン・カジノ・アトリウム | Photo by Jamesbehave at the English Wikipedia, CC BY-SA 3.0

この施設にはカジノだけではなく、インタラクティブゲームアーケード、映画館やボーリングセンターなど子どもと楽しむ方法もたくさんあります。

お腹がすいたり喉が渇いたら、多数のレストランやバーの中からその時の気分でお店に入りましょう。買い物でストレス発散したい場合は施設内にショッピングセンターもありますよ。

その後は、敷地内で行われているエンターテイメントショーもぜひ見ていってください。さらにこの施設はいくつものホテルの経営もしているため、疲れても遠くまで帰る必要がありません。

クイーンビクトリアマーケット

Queen Victoria Market
クイーンビクトリアマーケット | Photo by Crisco 1492, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

Queen VicやVic Marketと省略して呼ばれ、街の中心部の7ヘクタール(17エーカー)以上もの敷地に置かれる街の目印のような存在です。また、クイーンビクトリアマーケットは、19世紀半ばにつくられた自然遺産でもあります。毎年約千万人の人が買い物や食を求めてこの場所を訪れています。

Queen Victoria Market Daily Product Hall
クイーンビクトリアマーケットの日用品売り場| Photo by Wpcpey, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

お土産品を探しているようであれば、ここではたくさんの素敵な品が置かれているので、好みのものを見つけてみてください。ハンドメイドの装飾品や石鹸から、ヴィンテージものの衣類や室内装飾品までさまざまな品がありますよ。

さらに、摘みたての花、新鮮な果物や野菜まで取り揃えられています。おいしい肉やシーフードを探している場合でもここに来たら必ず見つかりますよ。

何か食べたい時にも、マーケットの中にレストランやカフェがたくさんあります。ワインとチーズ、ブラードヴルスト(ソーセージ)のグリルやダッチパンケーキをぜひ試してみてください。カンガルーバーガーや焼きたてピザが楽しめるフードカートもあります。

メルボルンクリケットグランド

Melbourne Cricket Ground
メルボルンクリケットグランド | Photo by Flickerd, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

メルボルンは、南半球で最も大きなカジノ施設があるだけでなく、最も大きな野外マーケットもあります。さらにこの地域で一番大きなスタジアム、メルボルンクリケットグランドまであるのです。ここは1853年につくられ、10万人以上の観戦客を重要できるスタジアムです。

ザ・ジー(The G)とも呼ばれるこのメルボルンの顔では、2回のクリケットワールドカップを含む多くのイベントを開催しています。オーストラリアフットボールリーグもここで開催されていますよ。

The Brabham BT19 on display at the National Sports Museum
国立スポーツ博物館に展示されるブラバムBT19 | Photo by Bahnfrend, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

また、スタジアムの敷地内にはオーストラリアスポーツ博物館があります。もともとは国立スポーツ博物館として知られており、クリケット、テニス、ボクシングなどさまざまなスポーツに関連する展示が行われてきました。また、中では、有名なオーストラリアスポーツホール、メルボルンクリケットクラブ博物館やオーストラリアレーシング博物館などを見ることもできます。

メルボルン王立植物園

Royal Botanic Gardens
王立植物園 | Photo by Neil Parley, CC BY 3.0, via Wikimedia Commons

ヤラ川の南側にある王立植物園では、世界中から集められた何万もの植物が38ヘクタール(94エーカー)の敷地を埋め尽くしています。静かで心が落ち着く場所なので、賑わった街の中にいるということを忘れてしまうほどです。ここでゆっくりと流れる時間を過ごすことは、メルボルンでも人気があります。

春から夏に訪れると、色とりどりの多年生植物を楽しむことができます。ガーデンハウスに咲き誇る、絵に描いたように美しい多年生植物や観賞用植物に感銘を受けることでしょう。まるでおとぎ話の世界のような景色が見られますよ。

Fern Gully at Royal Botanic Gardens in Melbourne
メルボルン王立植物園のファーンガリー| Photo by Wpcpey, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

次に、ファーンガリーに向かって川のせせらぎを感じ、日陰にある美しい木生シダに囲まれて、リラックスした散歩をしましょう。

ピクニックがしたい人へも、この王立植物園はおすすめで、ここにはシートを敷いてピクニックができる素敵な場所も多数あるので楽しんでくださいね。タキソジウムの芝生の上や、湖沿いで水鳥を見ながらピクニックをすることもできます。

ビクトリア国立美術館

National Gallery of Victoria
ビクトリア国立美術館 | Photo by Joyofmuseums, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

オーストラリア国内で最も大きい美術館であり、多数の人が訪れるビクトリア国立美術館(National Gallery of Victoria (NGV) )は、美術作品が好きな人にとっては天国のような場所です。1861年に建てられ、国内最古の美術館でもあります。作品は、南側にあるイアンポッターセンターのNGVインターナショナルと、フェデレーションスクエアにあるNGVオーストラリアの2ヶ所に分けて展示されています。 どちらも街の中心部にあり、歩いて行き来できる距離にあります。

Great Hall of the National Gallery of Victoria
ビクトリア国立美術館の大ホール| Photo by a.canvas.of.light from Melbourne, Australia, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons

ビクトリア国立美術館には多数の作品が保管されています。トム・ロバーツやマーガレット・プレストンを含むオーストラリアの印象派、先住民の芸術家から現代の芸術家の作品まで多岐に渡ります。

ホールを周ってみると、オーギュスト・ロダンの「考える人」、クロード・モネの「ヴェトゥイユ」やレンブラントの「論争する2人の老人」など、世界的に有名な芸術家の作品を見ることもできます。

ユーレカスカイデッキ

Eureka Tower
ユーレカタワー | Photo by PublicDomainPictures from Pixabay

次に、メルボルン最高の場所ユーレカスカイデッキへと向かいましょう。メルボルンの南部地方にあるユーレカタワーのスカイデッキは、高さ297m(974フィート)から息を呑むほど美しい街の景色を見ることができます。この高さは南半球で最も高い公共の展望台です。

また、ここには国内で最も高い場所に設置されている郵便ポストもあります。このポストは常時稼働しているので、友達、家族や宇宙に手紙を送ることも可能ですよ。

View of Melbourne from Eureka Skydeck 88 at Night
ユーレカスカイデッキ88階からの夜景| Photo by Leonard Koh, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

もし高いところが好きであれば、ユーレカタワーの88階で、先端のガラス張り部分に行くこともできます。そのガラス張りの部分は、建物から突き出しているそのガラス面に足を踏み入れるのは、メルボルンに来たら挑戦してほしいことでもあります。

ブライトンビーチ

Brighton Beach Bathing Boxes in Melbourne
ブライトンビーチのシャワー室| Photo by Arnas Goldberg, CC BY 3.0, via Wikimedia Commons

ビーチはメルボルンの中でも人気があります。この地域内にはいくつも美しいビーチがあるのですが、中でも特に有名なのがこのブライトンビーチです。一際目を惹くのがここのシャワー室で、建物に大胆なデザインが施され、カラフルに色が塗られているのが特徴です。

ビクトリア朝まで時代を遡ると、この建物は衣服を着替えるために便利な場所でしたが、近年ではこの建物の年間パスポートを購入する人まで出てきました。

Brighton Beach
ブライトンビーチ | Photo by Michelle Maria from Pixabay

メルボルンのダウンタウンを南に半時間ほど車で走った場所にあるブライトンビーチは街で最も裕福な郊外にあります。ビーチでは日光浴をしたり、ポートフィリップ湾沿いの金色に輝く砂浜の上を歩いたり自転車で走ったりして楽しむことができます。また、ブライトンビーチには救護員が常駐しているので、泳ぐのにも適しています。風の強い日に行くと、カイトサーファーが楽しんでいる姿も見られます。

Interesting Articles

フランス:リールでの過ごし方

フランス北部のリールは、有名な工業都市として知られています。今日では、稼働している工場は以前に比べてはるかに少なく、他の国と同様に、多くの倉庫は他の用途に転用されています。 歴史的な中心部は、ドゴール

リスボン滞在の3日間でできること

リスボンはポルトガルの首都で、ヨーロッパの中で魅力的で活気のある街として知られています。ポルトとアルガルヴェ沿いにあるリスボンは、近年ポルトガルの中で最も人気のある街です。リスボンには豊かな文化や芸術

ロンドンの楽しみ方ベスト10

ロンドンに行く計画を立てているにも関わらず、どこから周ったら良いのか分からない人はいませんか?大丈夫、不安になる必要はありませんよ。古典的なのに現代的、保守的なのに反抗的、ロンドンはそんな矛盾している

砂漠の街、パーム・スプリングス

パームスプリングスはロサンゼルスから車で約2時間ほどの街です。 内陸のビーチから遠く離れると、最初に気付くのは気候の変化です。 涼しいそよ風がなくなり、砂漠が近づいてきます。夏の場合は、早起きして太陽

ヴェネツィアでの週末

何度行っても飽きない場所があります。その一つがヴェネツィアです。魔法のようで、ユニークかつ魅力的な都市は、間違いなく世界で一番美しい都市の一つです。週末のヴェネツィアで何を見るべきでしょうか?この街は

アトランタのおすすめスポット紹介

ジョージア州の州都であり最大の都市であるアトランタは、観光地とは言えない都市ですが、それでも旅行するには魅力的な場所です。 ワールド・オブ・コカコーラ アトランタはコカコーラの本社がある街として有名で

ビールと車の街、ミュンヘン!

ミュンヘンは、バイエルンの州都で、ドイツで三番目に大きな都市です。また、オクトーバーフェスト発祥の地でもあり、ビールだけでなくビールの醸造所もあります。さらにミュンヘンにはBMWの本社もあるため、ビー

サン・フランシスコですべき7つのこと

サンフランシスコを訪れた人は、騒々しく混沌としたアメリカの大都市から離れた、湾に囲まれたロケーションとヨーロッパ風のスタイルに一目惚れしてしまうことでしょう。また、温暖な気候と美食の豊富さから、アメリ

冬のカルガリーの楽しみ方

寒いカルガリーの冬に観光は少し難しく感じる人もいるかと思いますが、そんな中どのようなことが楽しめるのでしょうか? 信じられないかもしれませんが、カルガリーの人々はたとえ吹雪の中であってもアウトドアが大

Newest Articles

エストニア-タリンからの最高の日帰り旅行

タリンは美しく、エストニアで最も多くの旅行者が訪問する場所の1つです。中世の旧市街、流行に敏感なバー、何世紀も前の建築物が訪れるのに理想的な場所です。しかし、他にもタリンから車ですぐのところにあり、簡

バリ島で人気のアクティビティとアトラクション

インドネシアの17,000以上の島々の中で、バリは最も有名な島の1つです。ジャワ島の東に位置するこの島には、1世紀以上にわたってオランダ人が住んでいた歴史があります。今日、バリ島はアジアでトップの観光

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、

トラカイ1日観光

トラカイはリトアニアの小さな湖の街で、首都ヴィリニュスから西に28kmほど離れた場所にあります。この街は、東ヨーロッパで唯一水に浮かぶ城があることで有名です。もしヴィリニュスにいる場合は、トラカイ1日

Relative Articles

ジャンムーでの過ごし方

スリナガルから乗合タクシーで疲れ果ててジャンムーに到着しましたが、すぐに体力を回復して、丸2日間街を探索してみました。 ジャンムーは退屈な街だとスリナガルで聞いてましたが、私は到着してみて驚きました。 私が10日間凍えていたスリナガルとは異なり、1月のジャンムーの気候はとても過ごしやすかったです。 ラグナート寺院は街の中心部にあります。 敷地内を警備している兵士からバッグをロッカーに入れるように指

バンガロールでの過ごし方

インドのシリコンバレーと呼ばれるこの街には楽しいことがたくさんあります。 ハレクリシュナ運動のイスコン寺院は、現代と伝統の要素が混ざり合った巨大な寺院です。 一般客として行列にのんびり並ぶもよし、VIPチケットを購入して行列に並ばず訪れる事もできます。 同様にShiv Mandir寺院では、寺院にいるのか遊園地にいるのか考えてしまいます。 チケットによっては、祈りや儀式などの「アクティビティ」が含

エストニアのリゾート地、パルヌ

パルヌはエストニアのリゾート地で、夏場に人が最も多く訪れます。エストニア南西部のパルヌ川沿いにある街です。素敵な砂浜、浅瀬、スパ、バーやカクテルバーなど充実した休暇が楽しめる場所として人気です。また、パルヌはエストニアの中で最も大きなリゾート地としても知られ、毎年地元の人から外国人観光者まで多くの人が訪れます。 美しいビーチ以外にも、パルヌ川でも水上スキー、カヌーやカヤックなどたくさんのウォーター

ブカレスト コントラストと多様性

ブカレスト市はヨーロッパで最も貧しい国ルーマニアの首都。ルーマニアはEU加盟国ですが、ユーロ圏でもシェンゲン圏でもないので旅行には特定のビザが必要な場合があります。(日本からは不要です) この国は、長年、社会主義政権下だったことから抜け出せず苦労しています。しかし、この国について知りたいならば、物価が安くて歴史が興味深いので、旅行したいという気持ちは一層強くなるでしょう。 街の一等地にある広場が、

エディンバラ 3日間のお勧めツアー

スコットランドの東に位置し、北海に面するエディンバラは、イギリスで最も訪問者の多い都市の一つです。エディンバラは、ヨーロッパの中でも特別な都市の一つであり、最も恐ろしい物語の舞台となった暗いコーナー、狭い石畳の路地、美しい建物や庭園、興味深い博物館の多さ、そして何よりも陽気な市民とのふれあいが、まるで街に恋をしたような感覚になるほど魅力的な場所なのです。エディンバラは、旧市街と新市街に二分されてお

地中海の綺麗な街、サントロペの紹介

ニースとモナコの隣にあるサントロペは、世界で最も有名なビーチタウンの1つかもしれません。 保存状態の良い歴史地区は、海と隣接する緑豊かな丘に挟まれています。 シタデル デ サントロペは、フランス人が「ヴォーバン以前」と分類している歴史的な要塞です。有名な軍事建築家ヴォーバンの時代より前に建てられました。 今日、それは海事歴史博物館の本拠地です。 18世紀、サントロペはフランスの3番目の地中海の港で

ローマでの3日間、必見のおすすめプラン

ローマは魅力たっぷりの街、ここを訪れた人は誰でもそう感じることでしょう。短時間で観光する時はどこに行くか迷います。そんなあなたにピッタリの旅行プランです! ローマでの3日間の旅行プラン この記事は、世界で最も美しく歴史的な都市の主要な名所を3日間で観光する実用ガイドです。絶対あなたは感動するでしょう。 愛の街、ローマでの1日目 まず、最初にフリオ・セザールが暗殺されたポンペイオ劇場の廃墟があるラル

デンバーの隠された魅力

アメリカ合衆国は、ニューヨークとカリフォルニアだけではありません。 デンバーの魅力はまだ外国人観光客にあまり知られておらず、訪れる人は少ないかもしれません。 本物のアメリカ文化楽しむなら、この街は見逃せません。 1) デンバー国際空港 この場所から紹介することを見て笑うかもしれません。 さて、空港が観光名所としてお勧めされることはめったにありません。 しかし、あなたがまだそれを知らないのであれば、

タリン旧市街の見どころ

タリンの旧市街は、北ヨーロッパで最もきれいに保存されている中世時代からの街として知られています。13〜14世紀にできたこの旧市街は、ユネスコ世界遺産にも登録されています。石畳のストリート、中世の教会、商人や職人の家など可愛らしい建造物が多く、おとぎ話に出てきそうな場所です。 これから、タリンの旧市街で楽しめることを紹介します。 ビル・ゲート 旧市街のメインエントランスには、ビル・ゲートの名で知られ